2013年11月12日

メンズのダウンコート:着まわし幅を広げるメンズダウンコート20選

63
Pocket

eyecatchメンズのダウンコートは軽くて着やすいものの、どんな服装と合わせて着こなしたら良いのか惑うことがありませんか?シンプルなデザインのため、着回しも単調になりがちではありませんか?ダウンコートの襟・袖・フードの細かいデザインの違いを見つけて、自分らしい着こなしの参考にしてくださいね。

ダウンコートとは、ダウンジャケットより丈が長いタイプの防寒着のことです。腰回りだけではなく、ヒップも覆い保温性が高く、羽毛を使用しているタイプはとても軽いです。その素材が細かいデザインを出しにくいため、襟・袖・ポケット・フードの何気ないデザインが着こなしの大切なポイントになります。ここにあげる20アイテムのデザインの違いを比較して、自分好みのダウンコート選びの参考にしてくださいね。

1.カーキ色のダウンコート

ダウンコート

光沢ある生地のカーキ色は、大人しくなりがちなカーキ色を上品に見せています。淡い色のコートのインナーの色使いは、ハッキリした色を合わせるとバランスがいいです。
靴とセーターを同系色にし、ハイネックのシャツの色を好みの色で合わせると、まとまり感がつきます。

出典:http://www.uniqlo.com/us/mens-clothing/collections/ultra-light-down-coats

2.淡い単色のダウンは、光沢感のあるものを

ダウンコート

ベージュやカーキなどの淡い色をダウンジャケットやダウンコートで着こなしたいなら、光沢感のあるものを選ぶことをお勧めします。
マットなベージュやカーキは地味な印象になります。

出典:http://www.uniqlo.com/us/mens-clothing/collections/ultra-light-down-coats

3.黒と焦げ茶のツートンカラーのダウンコート

ダウンコート

フードのファーがアクセントになって温かい印象が増します。胸・肩・袖に焦げ茶の切り返しが真っ黒だとつまらないダウンをデザイン性高くしています。
切り返しのラインと袖元が革で処理されてあり、高級感があります。ジーンズなどのカジュアルから、スーツまで幅広い合わせ方ができる色です。

 

4.キャメル色のダウンコート

ダウンコート

 ラムレザーを使用しいる贅沢なダウンです。風を通さず、保湿性が高いです。ウェストの左右についたベルトがスタイルをスッキリ見せる効果を出しています。

出典:http://item.rakuten.co.jp/sankyo/5231r/

5.ラムレザーのダウンコート

ダウンコート

羊の革製で、ゴワゴワしないダウンコートです。黒革の光沢と腰から下のふわっとしたデザインだけで、高級感が漂うで、着こなしはシンプルに仕上げると無難です。
セーターとジージャンを合わせただけでも、寂しい印象になりません。

出典:http://www.mensleather-royalfur.jp/37_357.html

6.焦げ茶のダウンコート

ダウンコート

左右の裾に紐でコートの幅を調節できるので、温かさをコントロールできます。

出典:http://www.aliexpress.com/item/2012-New-Arrival-Plus-Size-Thickening-Short-Design-Men-s-Down-Coat-Male-Outerwear-Winter-Jacket/620558904.html?

7.光沢感ある素材とファーで上品なダウンコート

ダウンコート

スポーティーながらフードにファーを取り付け上質な印象のアイテムです。
フードに着いたファーは取り外す事もでき季節を使い分けできます。

 

8.スッキリとしたシルエットの焦げ茶ダウン

ダウンコート

6番の焦げ茶のダウンに比べて、肩のラインがカッチリしているので、華奢な体の方にお勧めです。胸のポケットとウエストの両サイドのポケットがデザイン性を高くしています。

出典:http://www.aliexpress.com/item/Free-Shopping-Men-s-Down-Coat-Medium-Long-Fashion-Warm-Down-Outerwear-With-A-Hood-Fur/632896314.html?

9.シンプルで合わせ易い黒のダウンコート

ダウンコート

黒いシンプルなコートをカジュアルに着こなす場合、インナーやボトムは黒ではなくて、ジーンズ・コットンパンツを合わせたいです。

出典:http://www.luxuryjackets2013.com/mens-moncler-down-coats-black-long-design-p-100.html

10.茶色のダウンコート

ダウンコート

8番の焦げ茶に比べて明るめの茶色なので、シックに着こなすよるは、カジュアルに着こなしたいダウンコートです。
深いカーキ色や明るいベージュ色までカジュアルなコットンパンツ、ジーンズなどと合わせたいです。

 

11.スタンドカラーのダウンコート

ダウンコート

袖口のベルトと襟がスタンドカラーがスタイリッシュなデザインです。ダウン襟は、取り外しが可能で、温かさの調整と着こなしの違いを楽しむことができます。
水をはじく加工を施している生地なので、雨や雪の日も安心です。水をはじき易く、蒸れ感が抑えられるので、着心地がとても良いコートです。
ビジネスでもカジュアルでもコーディネートし易いコートです。

 

12.紺色のダウンコート

ダウンコート

コートとしては、丈が短めで、カジュアルに着こなしたいコートです。紺なので、どんな色とも合わせられます。

 

13.チェックが珍しいダウンコート

ダウンコート

単色使いがほとんどのダウンですが、これは珍しいです。グレーのフードのファー、ダブルカラーの襟元、ウェストのベルトが単純なデザインに感じさせません。

出典:http://www.alibaba.com/product-free/108464982/down_jacket_coats.html

14.グレートと黒のツートンカラーのダウンコート

ダウンコート

胸のポケットと左ウェストのチェンジ・ポケット、肩の切り返しのラインがお洒落なダウンコートです。
綺麗目なカジュアルで着こなししたいデザインです。

 

15.フードが大ぶりなカーキのダウンコート

ダウンコート

ドイツのハンブルグで生まれたウェレイステイン社製のダウンコート。北海の極寒で作業する港湾労働者のために耐水性に優れていて、機能美とデザインが融合してます。インナーの世界地図の
生地のデザインがお洒落です。

出典:http://www.dena-ec.com/item/195080920?

16.モンクレールのカーキ色のダウンコート

ダウンコート

茶色のベルトやフードに着いている留め具、ダブルカラーのファーなど細かいデザインが凝っているコートです。
光沢のある生地が上質で、カジュアル・ビジネス両方で着こなしできます。

 

17.キルティング調の生地や2色使いが大人カジュアルに仕上がっているダウンコート

ダウンコート

全体の光沢のある黒色とグレー色のステッチのぬくもり感のコントラストが面白い風合いのコート。 カジュアルに着こなししたいコートです。コートの内側の切り返しの赤ラインがお洒落です。

 

18.カジュアルでもビジネスでも活躍できる黒のダウンコート

ダウンコート

ウェスト位置が高めで足長効果があり、全体的にシャープなシルエットです。取外し可能なリブ素材のダブル襟が使用できる季節の幅を広げています。
カジュアルに着こなすならば、深い色のボトムスで綺麗目にまとめるとスタイリッシュなこのコートのデザインが生きます。

 

19.モッズコート風ダウンコート

ダウンコート

スポーツメーカーから製産されたダウンコート。スタンドアップカラーと、袖元の幅を調整すると、防寒が調整できる機能性が高いダウンコート。

 

20.スポーツ仕様のダウンコート

ダウンコート

ベンチコート・ウォームアップコートとして馴染みのあるスポーツ仕様のコートです。軽量で高い保温性があり激寒でのスポーツに最適なロングコート。

出典:http://item.rakuten.co.jp/naturum/2512195/

まとめ

ダウンコートは、シンプルなデザイン性のため同じ着回しになりがちですが、フードを取り外したり、袖をゆるめたり、胸元のジッパーの開け具合を調整することで、着こなしに微妙な変化をつけることができます。ぜひ今回の着こなし例を参考にして頂き、自分らしいダウンコート選びの参考にしてみてくださいね。

Pocket

男のファッション研究所のFacebookページにもご参加下さい!